アチーバスに込められている
思いやリーダーの夢を叶える17原則

今回は第11原則
一つのことに集中する
について、ご紹介していきます。

原文(英語)ではControlled Attention
直訳すると、集中力を制御する

人間は複数のことを同時進行させるのが
基本的には苦手な生き物です。

なぜならコンピューターとは異なり
人の脳はマルチタスクには向いていないのですね。

どうしても注意力が散漫になり
生産性が下がってしまいます。

マルチタスクを好む人は
いろいろなことを同時進行することで
精神的な満足を得やすく
効率的に作業できているいう錯覚になるようです。

ただ、実際にマルチタスクに長けている人は存在します。
彼らがどういう行動をとっているかというと
単一の作業に集中して取り組み
その後瞬時に頭を切り替え、次の作業に移る…
これらを繰り返し行なっているのです。

たくさんの作業をリストアップして優先順位をつけ
段取りを決めたらひとつのことに集中する。
脳のゴールデンタイムに最重要項目をこなす。

もちろん、集中する環境の確保や
小休止して脳を休めることも大切ですよ。

特に女性はいろいろなものを少しずつが大好きです。
ついつい、あれもこれもと手を出してちまいがち。

例えば、レディースランチがそう。
1品あたりのサイズを小ぶりにして、多種類の食材を使っていますよね。
シメにはデザートまでついている。

大企業のようにシステム化されているならともかく
おひとりさま起業している人にとっては
レディースランチのようにあれもこれもは現実的ではないですよね。

私も自分でビジネスをやろうと決めた時から
マーケティングやらコーチングやら
多くの学びを取り入れてきました。
そしたらあっという間に勉強マニア、
セミナージプシーになってしまいましたね。

そのことに気づいて以来、学びに優先順位をつけ
面白そうだからとか、○○さんがいいと言っていたからとか
△△さんに会いたいからという理由で
セミナーや勉強会に行くことは減りました。

あなたは一つのことに集中するを持っていますか?