アチーバスに込められている
思いやリーダーの夢を叶える17原則

今回は第14原則
ヒラメキの力
について、ご紹介していきます。

原文(英語)ではCreative Vision
直訳すると、独創的な先見の明

閃きは突然天から降ってくるような感覚があります。
何かアイディアがほしい時
課題を抱えていて、解決に導きたい時など
閃きの力がほしいと思うこと、あるのではないでしょうか?

閃きの力が強い人は存在します。
いったい彼らはどんな傾向があるでしょうか?

よく分析してみると

新しいことにチャレンジしている
物事を逆算して考えている
知識をつけるべく学び続けている
アイディアを生み出すことを考えている
楽しいことを優先している

ように思います。

こうすることで、想像力を働かせ
物事を新しい側面から見ることができます。
そして時に周囲を驚かせるような
新しい気づきを得られることでしょう。

そして、閃きやすい状況、閃きにくい状況も存在します。

論理的思考が強い時、義務感に追われている時は
閃きにくい傾向にあります。

アイディアが煮詰まっていると感じる時、
そこから脱出するために何かほんのちょっとの
別の行動を取るはずです。
あなたはどんな行動を取りますか?

リラックスしている時
楽しいことをしている時
普段と少し違う環境にいる時に
閃きの力が働きやすくなります。

トイレ、ソファー、お風呂、布団の中などなど。

閃きが生まれやすい場所、
いわゆる閃きのツボとなるものは
人によって少しずつ異なるようです。

そこには目に見えない暗示のようなものを感じます。

願望を実現に導くには、想像力や強く信じる力が不可欠です。
あなたは閃きの力である、インスピレーションを高めていますか?