アチーバスに込められている
思いやリーダーの夢を叶える17原則

今回は第6原則
まずは自分がやる
について、ご紹介していきます。

原文(英語)ではPersonal Initiative
直訳すると個人の自発力

まずはやってみようという
自ら行動する力のことをいいます。

人は誰しもがリーダーです。

何のリーダー?
と。もし聞かれたら
あなたは何と答えますか?

私なら
自分の人生
と答えます。

また、リーダーには誰でもなれます。

リーダーって、偉い人がなれるんでしょ?
みんなのことをグイグイ引っ張ってくれる人がなれるんでしょ?

もし、あなたがそう思うのなら
要注意かもしれません。

なぜなら、自分の人生を他人に預けるようなものだからです。
もしあなたがそれを望むなら、私はそれでいいと思います。

ただ、必ずしも自分が意図したとおりに周りが動くとは限りませんよね?

自分が欲するものは
思い描くだけでは決して手に入ることはありません。

誰かが手を差し伸べてくれるまで待つ?
状況がよくなるまで待つ?

人が動いてくれるのを待つのと
自分から動くのとでは
どちらが早いと思いますか?

行動が遅くなるタイプのひとつに
慎重派な人が挙げられるでしょう。

慎重であることは大切ですが
リスクを最小限にすることはできても
完全になくすことはできませんから。

動きながら考えるぐらいが
ちょうどいいのではないでしょうか。