何かと話題の民泊。
私はゲストとして東京都内で民泊してきました。
民泊に関してはゲスト(宿泊客)側か、ホスト(貸主)側かで見方が変わり、賛否も分かれることでしょう。
この記事では旅人として、ゲスト側の目線で体験談を綴ります。
あいにくホスト側としての情報は持ち合わせていませんので、悪しからず。

結論から言うと
「利用してよかった」です。

民泊がどのようなものなのかを正しく知ったうえで、ハウスルールを守って使えば、低料金で快適に過ごせます。
私の場合は一人旅で都内に3泊とか4泊した際に利用したので、宿泊費を大幅に削減できて助かったというのが本音です。
かかった費用は1泊あたり3,500円~5,000円程度、ホテルの半額~3分の1ぐらいの値段で利用できました。

民泊にもいろいろあり
一棟まるまる貸切
個室+共用スペース
相部屋
から、自分の好みで選ぶことができます。
貸切または個室なら、そこそこ快適に過ごせるでしょう。

私が選んだのは『個室+共用スペース』
部屋は個室で、プライベートな空間が保てます。
キッチン、バスルーム、トイレは共用です。
ごく普通の民家の一室を使わせていただくので、多少の話し声や生活音は響きます。
そのあたりはお互いさまということで。

都内で2回民泊を利用したことがあります。
時期は2016年11月と2017年4月。
それぞれ異なるホスト宅を使わせていただきました。
ホストは1件目が日本人、2件目がベトナム人(日本語、英語がペラペラ)です。

ホストによってはゲストとの交流を楽しんでいる方もいて、私の場合は2件目でそれが叶いました。
ベトナム人女性のホストとキッチンでちょっとした食べ物と飲み物を片手におしゃべりできて楽しかったです^^
会話もメッセージのやり取りもこちらが日本語を使えば日本語で、英語を使えば英語で返ってきました。
日本国内で民泊を使うなら、外国人ホストのお宅を選べば気軽に国際交流ができますね。

民泊をゲストとして使うならこんな人におすすめ

・ホームステイの経験がある人
・最低限のマナーは守れる人
・ホストとのコミュニケーションを楽しめる人
・多少のトラブルは笑い飛ばせる人
・旅慣れている人
・安宿に泊まるのに抵抗がない人
・(海外の場合)ある程度語学力がある人

逆にこんな人にはおすすめしません

・ラグジュアリーな旅で癒されたい人
・ホテルのようなサービスを求める人
・安心はお金で買う主義の人
・旅慣れていない人
・(海外の場合)語学力に自信がない人

お伝えしたいこと!

民泊のトラブルの原因のほとんどが双方のコミュニケーション不足によるもの。
ゲスト、ホスト共密にコンタクトをとり、良識の範囲で行動すればトラブルも減るはず。
宿泊の手段をいろいろ試してみたい旅好きなあなた!
ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょう?

=========

 山崎まな美のフェイスブック
お会いしたことがない方もお気軽に申請をどうぞ。
タイムラインを通じてあなたらしさが伝われば、基本承認します。

 山崎まな美のツイッター
お気軽にフォローをどうぞ。基本フォロー返しします。

 山崎まな美のインスタグラム
フォローはお気軽に。