マーニーです。
英会話初心者が抱えている課題は山ほどあり、正直「何からやったらいいの!?」という状態です。
これ、すごくわかります。

実際の現場では、緊張するうえにうまくいかない!ということも多々。
しかし、よくよく冷静に分析してみると、多くのことに気付かされたこともたくさんあります。

使える英語を身につけるために
多くの英語学習者の共通認識として持っていることがひとつ。
それはズバリ「捨てる」こと。

「攻略法はあっても必勝法はないように、これをやったら必ずうまくいくというものはない。ただし、これをやったら失敗するというものはある。」
これは私の知り合いでもある経営コンサルタントが言ったひとことです。

英語学習でも、その原則は当てはまると私は考えています。
うまくいかない原因になることを徹底して捨てる!
使える英語を身につけるために直接関係ないことは捨てる!
という発想を持つことで、少しずつ英会話ができるようになりました。

外国人とのコミュニケーションが前提の「使える英語」を身につけたい方は、ぜひとも読み進めてみてください。

使える英語を身につけるために捨てること3つ

直訳を捨てる

理由は簡単で、どうしても訳せない言葉が出てしまうからです。
英語と日本語は根本から違う言語なので、日本語特有の言い回しや、英語にあって日本語にない考え方があります。
日本語で考えたことを英語に訳そうとして言葉が出なかったり、相手の言ったことを日本語に訳して理解しようとしていると、どうなるかはおわかりですよね。
そうなんです。
「翻訳グセが残ったままだと、会話についていけない!」という事態がどうしても起こってしまいます。

これを解決するのが、「英語脳をつくること」です。
もちろん最初からうまくはいきませんから、補助的に日本語を使いながらです。
トレーニングを重ねることで、次第に日本語を介さずに英語を理解できるようになります。

暗記を捨てる

私の運営する英会話スクールでは暗記を推奨していません。
私自身、単語帳やフレーズ集の丸暗記はしません。

なぜ暗記しないのかというと「すぐに忘れてしまうから」
どうしても自分に関連することに繋がらないとイメージがわかず、覚えられないのです。

記憶に刻み付けるのにいちばんの方法は、実際に体験して体得することです。
「暗記」と「使える」は別物です。
暗記をしていると一時的に記憶されて読めるようにはなるかもしれませんが、いざ現場に行くと?
とっさに言葉が出てこない!という経験がある方も多いのではないでしょうか。
実際に私もそうでした。
教わったり、本の知識だけだと受け身になり、記憶に定着しにくいんです。

「そうは言っても・・・単語が出てこない時はどうするの?」という疑問が出てくるかもしれませんね。
それは私たちが普段日本語で話している時にも無意識にやっている「あること」で、解決します。
そのことについては長くなるので別の記事でご紹介しますね。

完璧主義を捨てる

これは「間違いや失敗を恐れて英語を話さない」を作っている元凶といえるのではないでしょうか。
多くの日本人が「正しい英語」にこだわりすぎるという指摘があります。
ネイティヴでも細かいミスをするぐらいですし、そもそも私たちが普段使う日本語も正しいと言い切れるでしょうか?
学校英語が〇×式でつい正解を求めたり、ネイティヴスピーカーのような英語を目指す「ネイティヴ信仰」も原因のひとつだと考えます。
第二言語として「使える英語」を身につけるのに完璧主義はいりません。
「日本人なんだから多少の間違いは当たり前だよ」ぐらいの気持ちの余裕はほしいですね。

おわりに

いかがでしたか?
やることを決めるより、やらないことを決める!
そのために捨てるという発想を英語学習でも持ってみてくださいね。
いらないことを捨てて、焦らず、自信をもって英語学習を楽しんでもらえることを願っています。

英会話に暗記は不要!
日本人講師に学んで基礎固めができ、ステップアップ後は日本人と外国人のダブル講師であなたの英語力アップをサポート!
インターネット環境があればどこでも受けられるマンツーマンレッスンなら、おまかせください。
詳しくはこちら