マーニーです。
初心者のうちは何からはじめたらいいかわからないので、「まずはこれ!」という感じで手をつけがちです。

やってはいけないこと3つ

目指すレベルを決めないこと

これを決めていない人は、とってもとってもとーーーっても多いです!

英語ができたらかっこいい!
英語ができたら便利だと思う!

こんなふわっとしたことを言う人は一定数いますね。
これだけでどのぐらいのレベルを目指したいのか、わかる人はいますでしょうか?
私には、わかりません。

自分が目指したいこと、レベルで、学習方法は変わります。
初心者のうちは基礎力が乏しいので、基礎を固めることから始まります。
四技能(聞く・話す・読む・書く)の中でもどれが強くて、どれが弱いのかも人によってばらつきがあります。

こんな逸話があります。
太平洋戦争時、アメリカ軍が南太平洋のある島の現地人に20日間で英語を教えたそうです。
しかしそれは軍隊の命令が分かる事に限定したそうです。‌

ネイティブレベルを目指すとなれば1万時間以上と、途方もない時間がかかるのに対し、海外旅行で使う英語に限定すると大幅にハードルが下がるというわけですね。

目標を立てて練習を積み重ねそれが達成したら、また次の目標を立てて・・・の繰り返しです。
英語学習はスポーツと同じで「基礎練習の積み重ね」だということを忘れないでくださいね。

いきなり英会話スクールに通うこと

思いつきで英会話スクールの利用を検討することもあるでしょう。
都会には駅前にたくさんのスクールがありますし、小さな町でもどこか1つはあると思います。
オンライン英会話スクールなら、安いところで月5,000円ぐらいから毎日レッスンを受けることもできますね。
レッスン形態(グループ、マンツーマン)、講師(日本人、フィリピン人、ネイティブ)、費用(月謝制、一括前納)など、選択肢もさまざまです。

こんな感じで英会話スクールは星の数ほどありますが、果たしてどれぐらいの人がスクールに通って結果を出せているでしょうか?
実際には「英会話スクールに通っても、思うように身に付かない人が非常に多い」のが現実ではないでしょうか。
もちろんスクールの中には優れた指導法が確立していて、初心者からでもスムーズに上達に導いてくれるところもあります。
しかしそれを活用するのは他ならぬ受講生なんです。

英会話スクールで結果を出せる人はいます。
こちらの記事もぜひお読みくださいね。

英会話スクールで結果を出せる人

聞き流し教材で勉強すること

これはまんまですね。
「聞き流す」の日本語の意味を調べれば、一目瞭然です。

聞き流す
聞いただけで心にとめない。聞いただけにしておく。
weblio辞書

聞き流すだけでは知識にすらならないのは明白ですよね?
フレーズ文の構造、意味を理解しつつ、聞いたものを口にする、の繰り返し練習を何十回、何百回とやればどこかで役に立つかもしれませんが・・・
即実践でき、体験し体得できるという確信が持てないとやる気は起こらないですよね。
おすすめしない、最悪な方法です!

おわりに

いかがでしたか?
英語初心者がやってしまいやすい間違いをあげてみました。
耳が痛くなるかもしれませんが、現実として受け止めることも大事ではないでしょうか。