「聞き流し教材って効果があるんですか?」
「本当に聞き流すだけで聞き取れるようになりますか?」

これまで何度も聞かれたこと、あります。
それだけ関心が高いことが伺えますね。

先日も同じ質問を頂いたので、以下のように本音をツイートしました。

 
自分の思っていた以上に反応がありました。
コメントもいくつか頂いたので、紹介します。


共通するのは
「集中して聴くことに意味がある」
ということ。

 
聞き流しとはちょっと別の視点で、こんなコメント付きリツイートも。
これも本当にそのとおり。
語学習得の甘い幻想は捨てましょう。

【結論】ただ聞き流すだけでは意味がない

100歩譲って、何もしないよりマシという程度です。
聞き流すってどういうことかというと、右から左に音が流れていくようなもの。
ちゃんと聞いていないのと同じだからです。

聞き流しで効果が期待できるのはどんな人?

・英語の基礎ができている中級~上級の人
・アウトプットできる環境が整っていること

ある程度英語を話したり聞いたりする土台が出来ている人が、たくさんの英語のシャワーを浴びる「多聴」はありだということになります。

なぜ初心者に聞き流しは向いていないの?

意味のない音を聞きっぱなしにしているのと同じだからです。
これはあなたが悪いのではなく、脳が自動的に雑音として処理してしまうんですね。

なぜそうなってしまうの?
これは日本で生まれ育った人の運命と言えるでしょう。

私たちが赤ちゃんの頃には、すべての言語の音を聞き取れる力がありました。
しかし成長の過程で、脳は日本語の音に最適化されます。
つまり日本語にない音を聞き取れる必要がなくなるので、例えばLとRの音が区別できなくなるといった現象が起こるわけです。

簡単に説明すると、英語は日本語より音が多いです。
日本語の母音は「あ・い・う・え・お」の5つしかありませんが、英語の母音は倍以上あります。
そして日本語の音は必ず母音で終わるのに対し、英語は子音で終わるものが多く、前後の単語の音がつながって別の音に変わったり消えたりします。

脳が認識できない音は、理解できる段階へたどり着けないのです。

もし知っている単語が聞こえても、そこで思考がストップ。
結局、前後の言葉が吹っ飛んで頭が真っ白に…
という経験があるのでは?

このように聞き取れないものをたくさん聞いても、ある日突然聞こえるようにはなりません。
根本から音に対する意識を変える必要があるのですね。

初心者がすべきは耳慣らし集中ヒアリング

先のリツイートでもあったように、集中して聴かないと意味はありません。
ではどこに意識を向けて聴いたらいいのでしょうか?
そのヒントをお伝えします。

英語の音だけに集中して聴く

集中するべきは英語の音!
つまり文字を見ず、単語の意味を追わず、音だけ聴いてくださいということです。

英語には特有の音のリズム、強弱があり、「音がつながる」「音が落ちる」などの音声変化があります。
脳に「この英語の音は必要な音だよ」という情報をインプットする必要があるのです。
これはリスニングをする前段階である、英語特有の音を認識するためのヒアリング力を鍛えることを目的としています。

ここで音以外のことに気を取られると、音へ意識が向かなくなりトレーニングにならなくなります。

特に初心者のうちはスペルを気にしたり、日本語に訳して理解しようとしたり、日本語の語順感覚で英文の後ろに意識が向きがちです。
まずはこれらのクセを取る必要があります。
英語の語順を刷り込むためのトレーニングと並行して行うのが望ましいです。

口まねをして発音を鍛える

耳と口は連動しています。
自分が言えない音は聞き取れるようにはなりません。

自分がそう思っている音と、実際の英語の音にはかなりのギャップがあるはずです。
まるで知らない音を浴びるように感じるけど、スクリプトを見てみたら実は知っている単語ばかりだった。
という経験もあるかと思います。

解決する方法はたったひとつ。
それは「口まね」

自分が発する音を英語の音に近づけるのが、最短ルートです。
カタカナ英語でもいいじゃないかという意見もありますが、断言します。
発音をちゃんとやらない人は、リスニングは永遠にできるようになりません。

自分でも発音ができると
自分の脳に英語の音がストックされ
リスニングの時に音を聞き分けられる

というメカニズムがあるからです。

かといってネイティブのような発音をしなきゃ!と重く考える必要はありません。
発音に関する本はたくさんあるので、そこから始めるのもいいでしょう。
しかし、自己流の発音がクセにならないよう誰かに習うことも大事だと思います。

具体的な方法

ではここからは、独学でできる耳慣らし集中ヒアリングの方法をご紹介します。

用意するもの

  • 音声
  • テキスト
  • イヤフォン

必ず英文テキスト(スクリプト)がある音声を使ってください。
8割ぐらい理解できる簡単な英語で書かれているもの、会話形式になっているものを選ぶようにしましょう。
難易度が高すぎたり、目的に合わない内容だと、トレーニングの効果が薄くなってしまいます。
細かい音の違いを聞き分けるためにイヤフォンは必須です。

音声の長さは20~30秒ぐらいあれば十分です。
まずはその英語音声の「音だけに集中して」聴いてください。
聴いているときは目を閉じ、意味を考えたり、文字を思い浮かべず、音だけと向き合うよう意識します。

同じ音声を3~5回繰り返し聴いてください。
真剣に何度か聴いても、聞き取れない箇所が出てくると思います。
5回聴いてもわからないものは、それ以上聞いてもわかりません。
そんな時はスクリプトを見ましょう。
そして、聞こえてきた音声が実際に何と言っていたのかを確認してください。

ここで重要なのが、耳から聞こえてくる音声と目で見る英文とが一致することです。
もし一致しない箇所や、わからない箇所があれば、必ず講師か英語のできる人に確認して一致させるようにしましょう。

その後またその音声を何度も繰り返し、音だけに集中して聴いてください。
目を閉じ、余計な情報が入らないようにします。
スペルを思い浮かべず、意味を追わず、真剣に音と向き合ってください。

最大のコツはズバリ、英語は聞き逃さないこと。
根気よく繰り返すことで、少しずつ英語の音に慣れていきます。

いっそのことスピーキングを始めよう

耳慣らしヒアリングと並行して、同じ教材を通して耳で聞いたことを口に出して真似してみることから始めてください。

1フレーズ再生させたら一旦停止して、自分も真似して音読練習、のパターンを繰り返しましょう。
これをリピーティングといいます。

音読練習は他にオーバーラッピング、シャドーイングがありますが、リピーティングがいちばん簡単で初心者向きです。

英語を話せるようには、話すこと。
いざスピーキングとなると「いやいや、もっと勉強しなくっちゃ…」という声が少なくないです。
筋トレの本を読んでも、実際に身体を動かさないと意味がないのと同じです。

インプットしたものは100%アウトプットするつもりで取り組むと、より効果的に英語力をつけることができますよ!