マーニーです。
今回は、英語学習における目的と目標を決めることの重要性ついてお話しします。
前回のブログ記事でまずは目標設定をとお伝えしましたが、ここではより具体的に目的と目標を明確にする方法について触れていきます。
「英語学習、何から始めたらいいですか?という方へのメッセージ」

何かを成し遂げたいと思い学習をはじめるときに、「なぜそれを学ぶのか」という目的意識を持つことはとても大切ですよね。
英語学習でもそれは同じです。
英語を使って何かを成し遂げたいから、英語を学ぶのですよね?

ところが英語をはじめとする「言語」だと、目的と目標に関してどこか漠然としたものになりがちだと感じることがあります。
なぜかというと私たち日本人は、赤ちゃんの頃から日本語の環境に触れてごく自然に日本語を話すようになったからです。
知ってか知らずか、第一言語である日本語を話すプロセスに重ねて考えてしまうからなのかもしれません。

赤ちゃんは耳で聞くことから言葉をインプットし始めます。
最初のうちはまだしゃべれません。読んで理解したり、書くこともできません。
成長とともにまねをしながら言葉に出せるようになります。
本を読み聞かせしたり、字を書く練習をしたりして読み書きができるようになります。

大人になってからも習得の原理は基本同じです。
しかし第一言語の日本語がしっかり出来上がっている以上、無意識のうちに日本語の発想で理解や処理をしてしまいます。
これがなかなか曲者なのです。

英語を使いこなすために必要なのは
「日本語の発想は片隅に置いて、英語の発想を理解し自分のものにする」
「たくさんの英語に触れ、実際に使うこと」

英語を使いこなす自分になるという目的の達成には戦略が必要です。
「えっ!英語学習で目標を立ててやるとか、そういうふうに考えたことありませんでした。」
これ、実際に私が英語学習のお悩み相談で頂いた声です。

漠然とした目的、目標だとこうなってしまう

ひとつ例を挙げますね。
「なぜ英語を学ぼうと思いましたか?」という問いかけに対し

「英語ができたら便利だと思って」
「英語ができないとなんとなくまずいと思っている」

このようなあいまいというか、漠然としていて、ふわっとしたことを言う人が一定数存在します。
そこは本音と建前、主張をしない、曖昧さがよしとしている日本人ならではの特性かもしれません。
しかし考えてみてください。
これで「なぜ英語を学びたいのか」「どのような英語が必要なのか」「英語で何をしたいのか」は伝わるでしょうか?
少なくとも私には伝わりません。

便利さのことを考えると、習得の過程でもついつい便利さを求めてしまいます。
英語習得の本質である「基本の積み重ね」と便利さの追求の本質である「過程の省略」が競合し、「〇〇するだけで~」という教材に飛びついてしまうかもしれません。
なんとなくだと、なんとなくで終わってしまいます。

このように目的や目標が漠然としたままだと、英語習得は難しくなると言わざるを得ないでしょう。

目的、目標をたてるためのコツ

ここから先は具体的にどのように設定していくかについて触れます。
「どうやったらいいの?」と思われた方はぜひ続きを読み進めてください。

自分のことだけを考える

英語を学ぶのはあなた自身です。
なのであなた自身が英語を使ってどうなりたいのかを考えましょう。
ここで重要なのは他人を一切入れないことです。

こんなことを書くとごく一部の大人が
「社会のために、人のためにみんな頑張ってるんだぞ!」
「自分のことばっかり考えて!」
と言ってくる輩がいますが、一切惑わされないようにしてくださいね。
こういうことを言ってくる人ほど、自分のことしか考えていません(笑)
自分が幸せになると連鎖して周りも幸せにできるものです。

英語を目的にしないこと

英語はあくまで手段(ツール、道具)です。
英語の学習、習得が目的だと苦しくなります。
挫折の原因にもなります。

また手段と目的が入れ替わってしまう場合があります。
「コミュニケーションの幅を広げるのが目的で、そのための手段が英語学習」であることに対し
「テストで高得点を取ること自体が目的になること」が典型パターンですね。

目的の方向性はしっかりと、内容はざっくりと

目的は方向性だけはしっかりと、内容はざっくり大きめに設定するのがポイントです。
「私でもできるかな」と不安になるときもありますが、目的は細かく設定しすぎると視野も狭くなってしまいます。
自分の現在地を客観視して、自分を見失わないためにも目的の方向性はしっかりと、内容は大きく立てるほうが断然いいです。

英語を習得した先にある自分はどこで何をしていますか?
誰と、どんな話をして、どんな時間を過ごしていますか?

ポイントは
自分がワクワクすること!
思わずににんまりとほほ笑んでしまうぐらい楽しいことを考えること!
今は英語ができていなくても、できている自分の姿をありありとイメージして喜ぶこと!

なぜワクワクする目的を設定するかというと、苦しい時を乗り越えるための糧になるからです。
遠慮はいりません。
最初から自分で限界を作らないことが大切です。

ちなみに私は英語がぎこちない時からこんな目的を描いていました。
できるできないに関係なく。

「大好きなメタルバンドの来日公演でバックステージに招待されて、英語でメンバーとメタルトークを楽しむ」
「英語を使って海外を一人で気ままに旅をし、旅先で友達を作る」
「旅好きメタル好きな外国人の彼氏を地元で見つけて、一緒にドイツのメタルフェスへ行く」

これらはすべて、叶いました!!!
なかには自力ではどうにもできないことも含まれていますが、こればかりは運がよかったとしか言いようがありません。
今となっては溢れるのは感謝のみです。

目標は現実的に細かく設定する

目標は「必ず期限を設けて、ちょっと手を伸ばせば達成できる、現実的な内容」で設定します。
期限を設けるのは先延ばしをしないようにするため。
「ちょっと手を伸ばせば」とは負荷はかかるものの、目標達成の射程圏内であることです。

例をあげると
「1ヶ月以内にLとRの聞き分けがはっきりできるようにする」
「3カ月以内にホームステイ先で問題なく会話ができるようにする」
などなど。

特に初心者の方がやってはいけない目標設定の仕方の典型例は
「日常会話をマスターする」
「映画が字幕なしで観られるようになる」
「ネイティブレベルを目指す」
「TOEIC満点を目指す」
などです。
漠然としているし、途方もなく高いハードルとなります。

特に会話がメインであれば、使うシーンがイメージできた状態で練習をする方が習得が早いです。
スポーツのイメージトレーニングと一緒ですね。

おわりに

正しい学習法、明確な動機付けがあれば、英語は必ずできるようになります。
近道はありませんが、わざわざ遠回りをする必要はありません。
自己流は事故流です!

ネイティブスピーカー、子どもの頃からバイリンガルの環境に育った帰国子女、英語のセンスがずば抜けてある人…
これらの人たちには日本人英語学習者の苦しみや、どこでつまづくかが解っていません。
だからこそ、英語初心者には日本語が母国語で第二言語として英語を身につけ、実践している日本人の力が必要なのです。
私なら、そんなあなたの強力な助っ人になれます。
ぜひお気軽にご相談くださいね。

英語はあなたがなりたい自分になることを応援するツールです。
私と一緒に英語を身につけ、世界へ飛び出し、世界の人々と繋がりましょう!

提供中のメニュー
本気で英語がしゃべれるようになる!
そう心に決めたあなたに
文法や暗記にとらわれない
発音、スピーキングの向上につながる
忙しくてもできる
インターネット環境があればどこでも受けられる英会話レッスン、あります。
60分オンライン無料体験&カウンセリングもやっています。
オンライン英会話レッスンはこちらから