マーニーです。
日本国内には星の数ほどの英会話スクールがあります。
それほどまでに英会話を身につけたいと思う人は多いことが伺えます。

しかしながら、スクールに通って結果が出せる人とそうでない人が出ているのが現実ではないでしょうか?
今回のテーマは、英会話スクールで結果を出せるのはどんな人?というお話です。

本題に入る前に。
私は声を大にして、口を酸っぱくして、こう伝え続けています。
「英会話スクールに通うだけでは、英語はできるようになりません!」
より正確に言えば、話せるようにはなるかもしれませんが、そのペースはとてつもなく遅いでしょう。

なぜそう言い切れるのか?
スクールでのレッスン時間だけでは、英語に触れる時間が少なすぎるからです。

本題に移りますね。
英会話スクールで結果を出せるのは、こうやって活用している人たちです。

スクールを「日頃の練習の成果を発揮する場所」と認識している。

スポーツで例えるなら、「スクール=練習試合」「スクール講師=練習試合の相手」です。
ちなみに本試合は「仕事や旅行先など、生の英語に触れられる現場」、試合相手は「現場の外国人」です。

英会話スクールは読んで字のごとくレッスン中は会話が中心となり、基礎知識について一から学ぶ時間は限られます。
なので基礎を固める独学や自主練習は必須です。

野球に例えるなら、練習は日々の走り込みやバッティングなどに相当します。
なので、日々練習あるのみ。
英語の音声を聞き取り、それを口に出して言う。
英文を読む、英作文を書く、などなど。
(練習方法など、詳しいことは別の記事に書きますね)

英会話スクールでは、練習でやったことを発揮させ、結果をチェックする。
間違いがあれば訂正をしてもらい、改善点をフィードバックしてもらう。
知識が足りないところを補う。
自分で書いた英作文を添削してもらう。
そしてその結果をもとに復習し、次のレッスンまでの課題をこなす。
練習と練習試合を繰り返しながら、本番に備えます。
こんな一連の流れをフル活用してはじめて、最大の結果が出せるのです。

ちなみに英会話スクールの講師は練習試合の相手なので、いっぱい間違っていいんです。
そのためのレッスンなのですから。

おわりに

英語はスポーツと同じで、練習と試合の積み重ねで、どんどん上達していくものなんです。
「これを飲んだらやせる!」というサプリがないのと同じで、「スクールに通えば英語がペラペラになる!」という考えがそもそも甘い幻想を抱いているということがおわかりいただけたでしょうか?

英会話スクールで「英語を教えてもらおう」と思っている人、英語を習う目的がはっきりしない人は、スクールに通うのは見合わせたほうがいいと思います。
スクールで結果が出せるのは、自分を理解し、英語を学ぶための心構えができていて、目的意識がある人だけです。

本気で英語の使い手になる!という方のために。
「日本人講師=コーチ役」、「外国人講師=練習試合相手」のフルサポートが自慢のマンツーマンレッスン、あります。
ご興味のある方は、お問合せを。