マーニーです。
今回は「英語を聞き取れるようになるにはどんなことをしたらいいの?」という質問に対して、私なりにお答えします。

多くの人が英語を聞き取れるようになるために、リスニング教材を使っています。
リスニング教材を使うこと自体はいいことです。

しかし、ただ聞くだけでは、聞き取れるようにはなりません。
それが出来ていたら、今頃ほとんどの日本人は英語ペラペラなはず。
そうはなっていないのが、現状ではないでしょうか?

英語が聞き取れない原因

英語が聞き取れないとは、具体的にどんな現象なのかをここで整理します。

会話の速度に理解が追い付かない

頭の中で日本語に訳しながら理解しており、翻訳の処理が相手の話す速度についていけない。

文の構造(語順)の違い

日本語と英語の語順の違いがあるので、慣れないうちは日本語と同じ感覚で最後まで話を聞いてから理解しようとしがちです。
これではとても追いつけません。

語彙力不足

単語やフレーズの意味がわからない。
知らない単語をがんばって聞き取ろうとしても、わからないものはわかりませんよね。

発音の問題

音がつながったり、消えたりする音がわからない。
自分が想像している音(多くはカタカナ英語)と、実際の英語の音に大きな違いがある。
書かれているものを見て、「ああ、このことだったんだ!」という経験はないでしょうか?
これは英語の音自体が認識できていないことに原因があります。

英語が聞き取れるとは、どんなこと?

先ほどとは逆で、聞き取れるとはどんな現象なのかをまとめます。
短いシンプルなフレーズで理解しやすかった
こちらに合わせてゆっくり話してもらえた
自分が知っている単語が多かった
発音がクリアでわかりやすかった

こうして見てみると、「聞き取れない!」の裏返しだということがよくわかります。
具体的にどうすればいいのかを書きますね。

1.英語の語順で理解する
2.英語のかたまりを理解する
3.発音を鍛える
4.基礎単語から語いを増やしていく(その大半が中学校で習った単語の組み合わせ)
5.日本語を介さずに理解できる練習をする(焦らず少しずつ)
6.たくさんの音のサンプルに触れ、各国のアクセントに慣れていく

こうして書くとやることが多くて大変です。

ここで即やったほうがいいのは、英語の音に慣れること!
その最短距離となるのが

発音矯正
です。

文法の理解や語彙を増やすより、こちらのほうがむしろ大事!
学校では発音はまったくと言っていいほど教わりませんでしたしね。

英語の音を自分が聞こえたとおりに真似することから。
発音を鍛えることで、聞き取りもできるようになりますよ。
さっそく始めてみてください!