マーニーです。
多くの日本人がつい言ってしまう”I can’t speak English.”
実はすごく違和感があることをご存知でしょうか?

違和感がある理由

I can’t speak Englishと言ってしまうと、英語が全く話せない印象を与えてしまうからです。
そもそもI can’t speak Englishと返事を返している時点で、すでに英語を話せています。
多くの日本人は「謙遜」するクセがあります。
できていることも「まだまだです」とか、「自分が納得するところまで達していません」という意味を込めて「できません」と言いがちですよね?
しかしそれは、外国人が思う「話せない」とは温度差があります。

canの本来の意味はこれ!

「~する能力がある、~しようとすればできる、~する可能性がある」という意味があります。
can’tはその反対です。
「~する能力がそもそもない、~しようとする事自体が禁止されている」というニュアンスになってしまいます。

なので
I can’t speak English.
と言ってしまうとどうなるかというと?

「英語で言葉を発すること自体できない」「どんなに頑張ってもそもそもその能力がない」
という意味になってしまい、とても違和感があるんです。

もし英語を上手に話せないということを伝えたいのであれば
I can’t speak English (very) well.
I can’t speak English fluency.

と言うと、違和感がなくなります。

英語では「する、しない」で表現する

言語を話すという行為は、英語圏の感覚だと「習慣」で捉えています。
なので、「英語を話す、話さない」で表現するのがスマートだし、自然です。

英語を話すなら、I speak English.
英語を話さないなら、I don’t speak English.
Do you speak English?と聞かれたら、
Yes, I do. / No, I don’t.と答える。

以上!
ね、簡単でしょ??

話は脱線しますが、日本にいる外国人にこんな英語で質問をしていませんか?
Can you speak Japanese?
Can you use chopsticks?
Can you eat xxx?(すしなど日本食)

これらは相手に失礼になりますので、やめたほうがいいです、いやホントに。
逆に、Can you speak English?と聞いてくる外国人がいたら?
どう思うか、どう答えるかはあなた次第です。

異文化に触れて、自国の文化を再認識できる英会話
日本人講師に学んで基礎固めができ、ステップアップ後は日本人と外国人のダブル講師であなたの英語力アップをサポート!
インターネット環境があればどこでも受けられるマンツーマンレッスンなら、おまかせください。
詳しくはこちら