マーニーです。
英語を習ううえで、日本人講師と外国人講師どちらがいいのかで悩んだことはありませんか?
どちらにもメリット、デメリットがあり、日本人講師が向いているタイプ、外国人講師が向いているタイプの人に分かれます。
以下にまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

日本人講師

メリット

・わからないところを日本語で質問できる。
・講師自身英語で苦労した経験がある人も多いので、初心者に寄り添った指導ができる。
・日本人がつまづきやすいポイントを理解し、説明ができる。
・英語の基礎をしっかり学べる。
・日本語と英語の違いの解説がきめ細かくできる。
・受け身な姿勢になりがちな日本人の学習スタイルを理解している。
・レッスン以外の自習のアドバイスやサポートがきめ細かくできる。

デメリット

・レッスンが日本語ベースになってしまう。
・外国人講師ほどの臨場感を味わいにくく、英語を話した実感が少なくなりがち。
・英語の文化面や細かいニュアンスの違いを知らない場合がある。

外国人講師

メリット

・発音がいい。
・リスニングの強化ができる。
・自分の発音、言い回しが伝わるかが確認できる。
・英語らしい自然な表現を体得することができる。
・レッスンそのものが外国人と話す機会なので、臨場感がある。
・外国人とのコミュニケーションに慣れることができる。
・外国の文化に触れることができる。

デメリット

・文法の細かい部分を説明できない人が多い。日本人が外国人に日本語の文法説明が難しいのと同様のことが起こるため。
・文化の違いなどから日本人の視点に立つことが難しく、日本人学習者の特性や感情が理解されにくい。
・幼少期から英語に触れているので、第二言語学習者の心情が理解されにくい。

どちらが向いているかは学習者のタイプによる

それぞれのメリット、デメリットを比較してみると、向き不向きがあることがわかってくると思います。
要するに、日本人講師から習ったほうが利点が多い学習者と、外国人講師から習ったほうが利点が多い学習者がいるということですね。
まとめると、以下のようになります。

日本人講師が向いている人

基礎力が乏しい初心者の人。
自宅学習を含め、何をどう学んだらいいかをサポートしてもらいたい人。
時間配分や手順を含めた効率のいい自宅学習方法や教材の選び方など、細かくリードしてもらいたい人。

外国人講師が向いている人

基礎英語力が固まっており、英語での意思疎通ができる人。
ある程度英語圏のコミュニケーションスタイルが理解できており、積極的に発言したり質問ができる人。
いわゆる指示待ちがなくても自ら課題をこなしたり、教材をそろえるなど、講師から多くのアドバイスを必要としない人。

おわりに

いかがでしたか?
講師はイメージで決めず、実際のレベルや自分が英語学習で求めていることを明らかにすることが先決です。
私自身、日本人講師から基礎を習い、一定のレベルに達してから外国人講師にシフトすることで結果を出せた経験があります。
現在の自分の状況が把握できれば、おのずとどちらを選べばいいかがわかるのではないでしょうか。

日本人講師に学んで基礎固めができ、ステップアップ後は日本人と外国人のダブル講師であなたの英語力アップをサポート!
インターネット環境があればどこでも受けられるマンツーマンレッスンなら、おまかせください。
詳しくはこちら