マーニーです。

「英会話スクールに何年も通っているのに、英語を話せないんです」
伝わっているのか心配・・・
単語が覚えられない・・・・
文法的に合っているかどうかわからない・・・

そんな英語学習者をたくさん見かけます。

私も自分が言いたいことが言えずにもがいていたことがあるので、その気持ちは理解できます。

挙句の果てに
「やっぱり帰国子女ではない私は英語が話せるようにはならないんだ」
「留学しないと英語は話せるようにならないんだ」
こんな感じで、負のスパイラルに陥っていませんか?

ちょっと待って!
あなたは英語を難しく考えすぎなのかもしれません。

実は日本語が原因!?英語を難しく考えてしまう理由

多くの日本人は英語に対して憧れを持っています。
しかしその一方で「苦手」「難しい」「間違うと恥ずかしい」という思い込みを抱えています。

もう一歩踏み込んでお話ししますね。

なぜ英語は難しい、苦手と感じてしまうのか?

それは
日本語と英語はまったく違う言語なのに
日本語で考え、日本語で理解しようとするから!

通常ほとんどの人は
英語を学んだり、使おうとするとき
常に日本語を介して英語に触れようとします。

これは大人が第二言語として英語を使うとしたら
いちばん理解できる第一言語を使って理解しようとする
ごく自然な働きです。
だからそれ自体が悪いとか、ダメではないんです。

しかし母語であり第一言語である日本語が
英語の理解や運用の妨げになる場合があるのです・・・

もちろん日本語を活かせる場合もありますから、日本語の全てが邪魔だったり悪者扱いする必要はありませんよ。

そもそも英語と日本語は言語の種類が全く違います。
血縁関係に例えると、関係図の端っこから端っこまで辿ってしまうのでは?
というぐらい、はるか遠い遠い親戚になるでしょう。
英語とは近い親戚といえるヨーロッパ系言語を母語にしている人だと、有利に働きます。
なんとなく似ているので、互いになんとなく通じてしまったりします。
しかし日本語を母語にしている私たちの場合、なかなかそうはいきません。
語源も違う言語に対して、日本語を当てはめようすることに無理があります。

英語には英語の発想があります。
コミュニケーションスタイル
音、文字、文法、表現方法
全てが日本語の発想とは違います。

もしあなたが
「英語って難しいーーー!」
と思ったら

それは
日本語の発想を英語に当てはめようとしている
というサインだということ!
これにいち早く気づいてください。

それぐらい英語と日本語は全く違う言語だということをしっかり意識したほうがいいです。

「そんなことはわかってるよ!」
と思っているあなた!

本当に英語の発想を理解し、使いこなせていますか?

日本語的にあいまいに話そうとしていませんか?
日本語的な音で聞いたり話そうとしていませんか?
日本語で考えてから英語に訳して話そうとしていませんか?
読んだり聞いたりした英語を日本語に訳してから理解しようとしてませんか?

それでは、日本人もしくは日本人に慣れた外国人にしか通じないヘンテコな英語っぽい日本語になってしまいます!

もっと理解してあげてください。
英語のキモチってやつを!

そして英語と仲良くなってあげてください。
英語は夢を叶えるツールですから!

私、もっと英語と仲良くなりたいの!って方は
ぜひともマーニーにご相談ください。

ちなみに私と英語の歩みは・・・
日本生まれの日本育ち
両親は日本人(ふたりとも英語はできない)
英語の勉強は中学校からスタート
中学・高校での英語の成績は・・・得点の稼ぎ柱だった(5段階中5)
大学は国際関係学部へ進み、第一外国語は英語を選んだ
そこで初めて英語オンリーの講義を受けて度肝を抜かれた(ごく一部の科目だけです)
一応卒論は英語で書いた(内容はグダグダです)
留学経験なし
海外在住経験なし
英語が伸びだしたのは30歳を超えてから

こんな感じのごくごく普通の日本人です。
学校の成績がそこそこよくても。
オールイングリッシュの講義があっても。
卒論を英語で書いても。
英語は話せるようにはなりませんでした。

そりゃ、そうですよね。
原因は明らかです。

まずは
話す練習、聞く練習が圧倒的に足りなかったから!
なのですが、

それ以上に足りなかったのは
英語の発想(英語のキモチ)を理解していなかったから!
なのですよーーーー

それらを乗り越えて、今では英会話トレーナーをしています。
純ジャパで英語ができるようになった人から学びたい!という方はぜひお問合せくださいね。