コストパフォーマンスに優れ、有効期限を気にせずマイル獲得に集中できるから。

MileagePlusセゾンカード

マイレージプラスはアメリカ系航空会社ユナイテッド航空(UA)が提供しているマイレージプログラムです。
全日空(ANA)と同じスターアライアンス・メンバーでもあります。
貯まったマイルはANA国内線でも使えます。
UAに乗らなくてもいいんです。私も乗ったことはありません(笑)

マイル還元率や国内線の利用シーズンによってはANAマイレージよりUAでマイル交換するほうがお得になることもあります。
特にGWやお盆といった日本のハイシーズンは、日本独自のもの。アメリカ側から見たら関係ないです。

クレジットカードの利用だけでなく、提携ホテルやレンタカー、マイレージプラスモール利用でもマイルが貯まります。
直接マイルとして貯めることができ、ポイントをマイルに移行するという手間や費用がかかるといった煩わしさがありません。
私はズボラで面倒くさがりなので、シンプルに貯められるところが気に入っています。

マイレージプラスの具体的なメリット

マイル有効期限が実質無期限

正確な有効期限は最終利用日から18ヶ月間です。
マイルの利用があれば、その時点からさらに18ヶ月延長されます。
クレジットカードを利用すればどんどんマイル加算されるので、実質無期限に!
マイルの期限切れを気にする必要がないので、自分の好きな時に航空チケットに引き換えることができますね。
それに対し日系航空会社のJAL、ANAとも有効期限は3年間。
搭乗頻度が少ない陸マイラーにとってはうっかりマイルを失効させてしまったり、有効期限を気にしながら使うストレスが出てしまいます。

年会費と還元率のコストパフォーマンスに優れている

マイレージプラスの提携クレジットカードはクレディセゾン、UCカード、JCB、MUFG、ダイナースの5社。
年会費は1,500円から43,000円までと幅広く、マイル還元率も1,000円につき0.5〜1.5%とバラつきがあります。

私がおすすめするマイレージプラス・セゾンカードはスタンダード、ゴールド、プラチナの3種類。
家族会員なし、かつクレジット決済の年間利用額が200万円以内ならスタンダードカードで十分です。
スタンダートカードを選ぶなら、マイルアップメンバーのオプションに忘れずに加入しましょう。
年会費1,500円とマイルアップメンバー追加年会費5000円、合計6500円(税抜)で加算マイルが1,000円につき5マイルから15マイルへとアップします。
これはゴールド、プラチナカードと同じ還元率です。
カードブランドはボーナスマイルが加算されるVISAまたはAMEXがおすすめ。
VISAなら新規入会時に、AMEXなら1年継続毎にボーナスマイルが付与されます。

燃料サーチャージがかからない

貯まったマイルで引き換えた特典航空券利用時に日系航空会社だと燃料サーチャージがかかりますが、UAだと一切かかりません。
ヨーロッパや北米などどんなに移動マイル数が大きくてもかかりません。これはメリットが大きいですね。

マイルを購入することができる

日系にはないサービスです。不足分のマイルをお金で買うことができます。
必要マイル数まであと一歩、という時に買うとよさそうです。

マイルの譲渡が簡単にできる

日系だとマイルの譲渡は2親等内と決まりがありますが、UAならマイレージプラス会員であれば家族以外の人にマイルを譲ることができます。

他にはプレミア会員(上級会員)になりやすいといったメリットがありますが、陸マイラーにはあまり関係ないです。
飛行機に乗る回数が増えたら、注目すべき項目でしょう。

おわりに

いかがでしたか?
世の中に完ペキなものはありませんから、もちろんデメリットもあります。
サイトが使いづらい、特典航空券の控えが英文のみ、何かと手数料がかかるなどなど。

ANAのマイレージカードを持っていてマイルを有効に使いきれていないと感じたら、マイレージプラスを検討材料にする価値はあると思います。
なんせマイル実質無期限は最大級のメリットですから!
私は海外にはたまにしか行かないから外資系航空会社だなんて…と決めつけたり食わず嫌いはせず、よくよく検討して自分に合ったマイレージプログラムを選びたいものですね。

私が15年以上使っているマイレージカードはこちら
MileagePlusセゾンカード

=========

 山崎まな美のフェイスブック
ご自身の写真、プロフィール、投稿を公開している方は基本承認します。
それ以外の方はフォローを。

 山崎まな美のツイッター
お気軽にフォローをどうぞ。基本フォロー返しします。

 山崎まな美のインスタグラム
フォローはお気軽に。