人は本気で実現させたいことがあるからこそ行動に移す。
たとえ壁にぶつかったとしても、苦楽を分かち合い乗り越えて、なりたい自分になれるのだと思う。
それは自分にとって楽しいこと、好きなことだとなおのこと!

英語だってそう。

英語ってね
単なる道具でしかないの。
人と人とのやりとりでの。

伝えたいこと
話したいことがあるから
英語を学んでるんだよね?
または学ぼうとしてるんだよね?

裏を返すと
伝えたいこと
話したいことがなければ
英語を学ぶ理由は見つかりにくいと思う。

理由が見つからないというより
自分にフタをしているだけじゃないかな。

本当はやりたいんだけど、
「忙しいから」
「お金がないから」
「恥ずかしいから」
「間違えたら相手に失礼だから」
「外国人と話すの緊張するから」
などなど。
できない理由や言い訳ばかりが出てない?

いつの間にか手段が目的になっていることもあるよね。
英語そのものが目的になってしまうと、挫折しやすくなるよ。

私の場合、
英語学習の動機付けとなったのは
何を隠そう
ヘヴィメタル
なのです。

大学生の頃、ドイツや北欧といったヨーロッパ出身のメタルバンドにどっぷりはまり
社会人になってライヴ参戦が本格化。
けど、それだけじゃインパクトが弱いよね。

今から約20年前、アメリカ出身のある大物メタルバンドのライブに行ったときのこと。
そこで自分にとって棚ぼた的なハプニングが!
 
ライブの最中、スタッフにコソコソ声で声をかけられ。
ステッカーのようなものをもらいました。
 
そのステッカーは
なんと!

バックステージパス!!!!!

うっそー、まじで?????
まるで
一生分の運を使い果たしたような感覚!
または宝くじで3億円を当てたような気分?
(そもそも私は宝くじを買ったことがないので、まったく想像がつかない)

ところが、せっかくメンバーが至近距離にいるのに
言いたいことは頭の中にいっぱいあったのに
ほとんど話せなくて。

理由はズバリ
英語がほとんどわからなかった(;O;)
ネイティブ同士の英語は早すぎてわからないーーー
そして英語とは直接関係ありませんが
大物オーラが強すぎて緊張して話せなかった
のもあります。

すごくすごーーーく!
悔しい思いをしたんだよね。

ところで、そのアメリカの大物バンドはファンではあるけど本命ではないのです。
私の本命はフィンランド出身のバンドです。
彼らは英語ネイティブではありませんが、歌詞はすべて英語で母国以外では英語を話します。
だからこそ!
もし大本命のメンバーと出会えるチャンスがあるなら!
英語に自信がないからと尻込みして後悔するようなことはしない!と決意。

こう言うと
本当にバンドのメンバーに会えるの?とか
追っかけなんかするの?とか
いろいろケチつけてくる輩が一部いるのだけど

そういうノイズは一切シャットアウト!

あくまで仮説だよ?
楽しい妄想だよ?
まずはイマジネーションだよ!

実際に本命バンドのメンバーに会うことができた時には
彼らの音楽に救われてポジティブになれていることと
いかにファンであるかを伝える!
そして熱~くメタルトークを交わす!
海外のメタルファンとも仲良くなれるともっと楽しいだろうな~
ワクワクしながら楽しい妄想をしていました♪

ある時、バンドのメンバーと楽しそうに英語でメタルトークを楽しんでいる日本のメタルファンがいました。
その人にどうやったらいいかコツを聞いてみました。
「あらかじめ話のネタを決めておいて、単語やフレーズの言い回しを仕込んからで使うといいよ」

それ以降、私は英語はメタルトークと一人旅にテーマを絞って徹底的に練習しました。

ライブ参戦のスタイルにも変化がありました。
来日公演のみから、ヨーロッパのメタルフェスを含めるようになり…

結果どうなったかというと
海外のメタル友ができた!(知り合って18年。今でも交流あり)
大本命のバンドと会うことができた!(しかもバックステージ招待つき!!)
さらに…
メタルと旅が好きなカナダ人のパートナーができた!(現在はすでに別れてます)
かつ、一緒にドイツのメタルフェスに行ってきちゃいました♡

これぞマーニー流
夢を叶える英語術!

英語学習に動機づけは大事!
これが好きなことだと効果は絶大!
義務感よりも好きを大切に♡
英語の向き合い方を変えるだけで、より楽しく世界が広がるのを実感します。
もちろん英語は学習をやめた瞬間から衰えてしまうので、楽しく続けられることを!

先月に引き続き、今月も開催します。
英語学習お悩み相談会in博多!

文法学習、検定対策に強い男性講師
英語の発音とリズムに強い女性講師
男女2名の講師がそれぞれの強みを活かし、あなたの英語学習の悩みにお答えします!

お茶会形式でざっくばらんにお話しができるイベントです。
リクエストがない限り、いきなり英語を話すことはありませんのでご安心くださいね。

イベント詳細はこちらをご覧ください
2017.2.25英語学習お悩み相談会in博多