マーニーです。
オンラインで大人のためのマンツーマン英会話トレーナーをしています。
英語を通して自信がつき人生がより楽しくなった実体験をもとに、大好きな英語を通じて仕事ができるのがうれしくありがたく思っています。

実は今の仕事を始める前は何をしていたのかというと・・・
教えることとはほぼ無縁の仕事をしていました。

レディースアパレル販売、携帯電話会社のカスタマーサポート、大学教授秘書、事務員などなど。
「一社で長く勤め、昇り詰める」働き方とは無縁の、ハチャメチャっぷりです。
プライベートの時間の確保が最優先だったため、派遣で働くことが多かったです。
実際はいわゆる「自分に自信が持てなかった」だけなんですけどね。

20代の頃の自分は本当に自信が持てず。
自信がないなりにも模索はしていて、将来生き残るのに必要なのは「英語」と「パソコン」と思い立ち、コールセンターに入ったのが26歳の頃。
当時使っていたOSはWindows98SE、ネットを繋ぐのはテレホーダイの時代(笑)
記念すべき1台目のパソコンは兄に格安でPCを組んでもらったものでした。
それまでやっていたプレステを投げ出してネットに没頭しました。

大好きな洋楽アーティストの公式サイトのチェック、ファンサイトでの交流がなによりの楽しみでしたね。
英語はサイトのチェックや交流を円滑にするために使っていました。
あまりにハマりすぎてドイツやフィンランドのフェスティバルにまで行く始末。
2000年頃から2年程度、音楽関連の個人ホームページもやっていました。
全然お金にならないのに、夢中になっていました。
今を思えば、当時やっていたことが今の仕事の原点だと言えましょう。

仕事上で英語を使ったのは、秘書をしていた時と、温泉旅館での仲居、百貨店でアルバイトしていた時に使うぐらいでした。
英語を使って何らかのお役に立てた時がなにより楽しくて。
ならばそれを伝えるのにベストなのは何だろう?と模索した末に辿り着いたのが、英会話を仕事にすることでした。
受験対策が目的ではなく、あくまでコミュニケーションのための英語でお役に立ちたかった。
そして2016年の暮れにEIZETSUと出会い、現在に至ります。