マーニーです。

『英語が苦手です』
『パソコンが苦手です』
『運動が苦手です』
etc……

そんな声を度々耳にします。

そもそも
『〇〇が苦手』という
言葉自体が漠然としていて
説得力に欠けると思います。

いろいろな原因が重なり合っているのを
ひとくくりにして
まるでそれそのものが苦手!というふうに
決めつけている。

『〇〇が苦手』
出来ない言い訳を
正当化しているような
話し手にとっては
一時的に楽になる悪魔の言葉!

そう
一時的に、です。

それって根本的な解決にはならないから!
苦手なことというのは
本来なら決して多くはないはず。
試行錯誤を重ねて
何度もトライ&エラーを重ねて
自分のものにできるものが大半だと思う。

自分が成し遂げたいことに
それが必要であるならば
恥を忍んででも地道にやり遂げる
価値はあるのではないでしょうか!

もしやる必要がないと判断したら
無理してやらなくてもいいんですよ。
やらないことで
悔いが残らないと言い切れるなら
バッサリと切り捨てるのもありです。

ただ、ほんの1ミリでも
成し遂げたいと思うのであれば。
人生における時間の一部に
充当してみてほしいのです。

じっくりとお話をきいたり
問いかけたりして
少しずつ紐解いてみたら

単純に慣れていない
(=場数が足りていない)

だけのことがほとんど!

私は英会話トレーナーですので
英会話に関しては
ズバズバと言わせてもらいます。

英語に苦手意識を持っている人に対し
英語のどういうところが
苦手なのかを伺ってみると

いろいろな答えが返ってきます。

『英文法が苦手なんです』
『単語が覚えられないんです』
『英語の聞き取りが…』
『英語の発音が…』
『英語で文書を作るのが…』
などなど…

ええ、わかります。
私もそうでしたし。

でもね、ある時気づいてしまったんです。
「それって苦手というより
単純に慣れてないだけでは?」

そもそも中学、高校の英語の授業では
読み書きに偏重し
受験のためのごくわずかな
リスニング対策に留まっています。

自分の言いたいことを
英語化して口にする機会は
ほぼありません。

なのでいきなり
英語で何かしゃべってくださいと
言われても
できるはずがありません。
だって、やってないんだもの。

じゃあどうしたらいいの?

その秘訣が知りたい方は
ぜひ私に聞いてくださいね!

もしあなたが
『自分の考えを瞬時に英語化して口にする!』
という目標をもって
英語と向き合うと決めたなら
私はあなたのお役に立てます。

あなたと私
二人三脚で
あなたの英会話力アップに
全身全霊でサポートします!

さらに上の英語レベルを
目指したいあなたには
私とフィリピン人講師との連携で
あなたが設定したゴールへと導く
お手伝いをします!

EIZETSU®英会話オンライン個別カウンセリングのご案内
所用時間は1時間程度。
インターネット環境があれば自宅でもオフィスでも、あなたのお好きな場所でカウンセリングが受けられます。
2017年9月までなら無料です。
EIZETSU®英会話オンライン個別カウンセリングはこちらから。