マーニーです。
今日は日本人が間違いやすい「すみません」を英語で伝えたいときの使い分けについてお話します。

日本語の「すみません」って、本当に便利な言葉です。
謝罪する時、感謝の意を伝える時、依頼をする時に使われますね。
こんな感じで「すみません」には複数の意味があります。

ところが英語で「すみません」の意図を伝えるときには、状況に応じてしっかり使い分ける必要があります。
このことを踏まえずに日本語の感覚のままで英語を話してしまうと?
よくあるのが”Sorry.””I’m sorry.”を連発するパターンです。
人に呼びかける時も”Sorry”、手伝ってもらった時も”Sorry”
「日本人はなんで謝ってばかりなんだろう?」と不思議がられるかもしれません。
ここでは「すみません」を大きく3種類に分け、それぞれの使い方をご紹介します。

シチュエーション別「すみません」3つ

謝罪をするとき

「ごめんなさい」「申し訳ありません」など、謝罪の意味での「すみません」の場合、”I’m Sorry.”が適しています。
ビジネスシーンで組織の一員として対応する際は、Iの部分をWeに変えて”We are sorry.”と言うといいです。

ちなみにI’m sorryは「残念です」という意味もあります。
例えば大切な人が亡くなった時の「お悔み」を伝えるときも”I’m sorry”を使います。

感謝するとき

落としたものを拾ってもらった時、重たい荷物を上げ下ろししてもらった時などに使う「すみません」のことです。
ついSorryと言ってしまいがちですが、ここは感謝の意を伝える”Thank you.”が最もふさわしい表現です。

頼み事をするとき

用件があって店員に声をかける時、前の人を呼び止める時、人の列の前を横切る時など。
ほんのちょっとのお願いで声掛けをする時は”Excuse me.”を使います。
ここでも”I’m sorry.”と言ってしまいたくなりますが、謝罪というより「ちょっと悪いんだけどお願い」という感覚なのでしっかり使い分けましょう。

おわりに

いかがでしたか?
ここは日本と英語圏の文化の違いがはっきり分かれるところだと思います。
ここでひとつ、私からの提案があります。
感謝の意を伝えるときは、普段の日本語でも意識して「ありがとう」と言うことです。
これをすることで、スムーズに英語でThank youと言えるようになりますよ!

異文化に触れて、自国の文化を再認識できる英会話
日本人講師に学んで基礎固めができ、ステップアップ後は日本人と外国人のダブル講師であなたの英語力アップをサポート!
インターネット環境があればどこでも受けられるマンツーマンレッスンなら、おまかせください。
詳しくはこちら