マーニーです。
寒さが厳しく、インフルエンザが流行っていますね。
私のまわりでもかかってしまった人が何人かいます。
今日のテーマはインフルエンザについてです。

インフルエンザは英語で?

influenza または (the)flue と言います。
圧倒的に後者のfluのほうがよく使われます。

インフルエンザにかかった場合の英語表現です。
進行具合で現在形、過去形を使い分けます。

インフルエンザにかかっています。と言いたい場合

(かかりはじめ、もしくは現在かかっている状態なら)
I catch the flu.
i get the flu.
I have the flu.

インフルエンザにかかりました、もしくはかかっていました。と言いたい場合

(かかっていたが、すでに快復している状態)
I caught the flu.
I got the flu.
I had the flu.

ちなみにthe fluを別の単語に置き換えると?
あらゆる症状を訴える際に使えます。
hay fever なら花粉症!(そろそろ対策が必要な時期が・・・)
a cold なら風邪!
a headache なら頭痛!
a toothache なら歯痛!
a stomachache なら胃痛・腹痛!
などなど。
すごく簡単だし、覚えると便利ですよ。

話をインフルエンザに戻しますね。
上記に挙げた例文は自分がかかった時のことを表現しています。
主語を別のものに置き換えたら別の人のことを伝えることができます。
My husbandで夫が~、My daughterで娘が~とかね。

「インフルエンザが流行っている」を英語で言いたいときは?

慣れないうちは「流行っている」って英語で何て言うんだろう?
えーっと、えーっと・・・・・・と悩み
ここで会話が止まってしまいがちです!

流行っているという日本語に惑わされないのがポイントです。
ここでin fashionとか言うと、すごく違和感のある表現になってしまいます!

「流行している」「猛威を振るっている」「蔓延している」など
難しい日本語から、難しい英語に変換したいなら
spread、prevalentを使って表現できます。
しかし、行政とか医療関係で使うような形式ばった堅苦しい言い回しです。
会話だととっさに出てきにくいし、何より覚えるのが大変!

じゃあどうしたら表せるかというと・・・・
行き回っている、あちこちを巡っているというイメージを思い浮かべるといいですね。

じゃあそれを英語で言うと?
go around(行く+回る)

今、まさしく現在進行形でインフルエンザが流行っているので
The flu is going around now.
で、十分伝わります。

なお、インフルエンザ予防接種(インフルエンザワクチン)は
flu shot
予防接種を受けたという際は
I had/get a flu shot.
でオッケーです。

おわりに

いかがでしたか?
できたら使わずに済ませたい表現ですよね。
しっかり予防して、寒いこの時期を乗り切っていきましょう。