5月9日からお菓子類だけを極力控える「ゆる砂糖断ち」を続けています。
9日で2ヶ月が経ったので、この時点での変化を書き留めておこうと思います。

過去記事を見てみたい方は以下をどうぞ☆
icon-link 開始3日経過のレポート
icon-link 開始1ヶ月経過のレポート

結論から言うと、
体重は開始から2kg減(1ヶ月平均1kg減)
味覚がより敏感になった。天然の甘さ、ほんのりとした甘さを好み、人工的な甘さを避けるようになった。

体重変化は横ばい。停滞期かも?
強いて言うならやや減少傾向にあり。
少しずつ限界突破しながら、着実に体重減するのが理想。

味覚変化が著しいとはいえ、完全甘いもの断ちをするとストレスになる。
少量を楽しみながら食べるのがいいと私は思う。

お菓子を減らす方法は?

前月と同様
 icon-check-square-o 自分でお菓子類を購入して食べるのを控える(完全禁止ではなく週1程度は買っていた)
 icon-check-square-o たまに頂けるもらいものお菓子は遠慮なくいただく(主にバラマキのほんのちょっとしたもの)

お菓子以外で気をつけていること

飲酒について

週2~3回程度。晩酌の習慣はない。
お酒、特にビールが大好きで飲む量もそれなりにあるので、ビールの品質にはこだわる。
ビールはなるべく副原料(コーン・スターチ、米)を使用していない銘柄を選ぶ。

選ぶべき銘柄は、ヱビス、ハートランド、ザ・プレミアムモルツ、ザ・モルツ、ハイネケンなど。
銘柄で判断出来ない場合は、パッケージの原材料名を見ること。
「麦芽、ホップ」のみ記載されているものを選ぶとよい。

時々、赤ワインを飲む。
糖質が気になる場合は、焼酎やハイボールといった蒸留酒に切り替えることも。
そこはあまり深く考えず、飲みたいものを自由に選んでいる。

いわゆる「ビールもどき」である発泡酒、ビールテイスト飲料、ノンアルコールビールは一滴たりとも飲まない。
そのためか(?)、翌日に酔いが残らない。
どのアルコール飲料を飲むかで、酔い方の質にも変化があると思われる。

その他、食べることについて

icon-check-square-o 肉、魚はしっかり食べる。肉は赤身を選ぶようにする。
icon-check-square-o なるべく薄味にして、ドレッシングやソース類のかけすぎには気をつける。
icon-check-square-o インスタント、レトルト、冷凍食品を控える。
icon-check-square-o 加工肉(ハム、ベーコン、ソーセージ)を控える。

ここでの「控える」はあくまでなるべく口にしないという程度であり、完全禁止ではない。

食事以外で実践していること

運動について

仲間と共にスクワットチャレンジ中!
6月1日から始めて、7月も継続している。
全身運動となり、時間もお金もかからない!スクワット以上に素晴らしいエクササイズはないと思う。

足の筋力は鍛えないとどんどん衰えてしまう。
歩けなくなったら旅に出かけるのも困難になる。
そんなのは絶対に嫌だ!

女性は美しいヒップライン、レッグラインをつくるためにも必須。
ムキムキになる心配は無用。筋肉質な女性トップアスリートとは鍛え方の次元が違う。

その他身体の動作について

1~2フロア程度の移動は階段を使う。
地下鉄ホームを繋ぐ階段はガラガラ。移動もスイスイ!

背筋を伸ばす。
猫背になりやすいので。姿勢がいいと人からほめられるし、身体も喜ぶ!
どんなに細くて顔立ちがよくても、猫背だと残念な人に見える。

おわりに

いかがでしたか?

こんなことをなぜやるのかというと
健康ありき
だからです。

健康な身体があるからこそ、仕事ができる。
健康な身体があるからこそ、旅に出かけられる。
健康な身体があるからこそ、関わる人達を大切にすることができる。

「人は食べるものでできている」という言葉がありますが、まさにその通りだと痛感。
味覚に対する変化が大きいのに驚きです。

前月の記事と重複しますが、
早く結果を出すことよりも「楽しく続けられる」を重視しています。

3ヶ月目ももちろん継続です!
また1ヶ月後に結果を報告します。
次はどんな変化が起こるか、楽しみです。

=========

 山崎まな美のフェイスブック
友達申請はプロフィール写真、自己紹介文、ご自身の投稿を全体公開している方のみお受けします。
それ以外の方はフォローを。

 山崎まな美のツイッター
お気軽にフォローをどうぞ。基本フォロー返しします。

 山崎まな美のインスタグラム
フォローはお気軽に。